読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【映画】ピクセル

1982年。パックマンやギャラガ、ドンキーコングなどの人気アーケード・ゲームの世界大会が開催された。その様子をビデオに撮ったものがNASAの宇宙ロケットに。地球外生命体へのメッセージというわけだ。 それから30年。当時のゲーマー(アーケーダー)4人。…

【映画】猫侍 南の島へ行く

”まだら鬼”の異名をもつ剣豪・元加賀藩剣術指南役の班目久太郎は、わけあって今は浪人の身。日々、姑にイビられている。 ある日のこと、土佐藩の剣術指南役になり勤めを果たせば加賀藩の剣術指南役に戻れるかも、という話が持ち上がり、久太郎は、愛猫「玉之…

【映画】ターミネーター:新起動 ジェニシス

T1〜T3でタイムパラドックスが起きてしまい、T1の時代 1984年5月12日(木)のロスアンゼルスでは、未来から送られて来たターミネーターは、T-800とサラ・コナーにより瞬時に破壊され、同じく未来からやって来たカイル・リースは、いきなり 液体金属のT-1000 に…

【映画】レフト・ビハインド

航空機パイロットのレイは、ここしばらく妻のアイリーンと、いまひとつうまくいってない。アイリーンがキリスト教にどっぷりで「家族よりも神」だったからだ。そのせいもあり、CAのハーティと不倫関係にもなっていた。誕生日なので家族で集まり、祝うその…

【映画】MAD MAX 怒りのデスロード

2000年代初頭、約20年ぶりに MAD MAXシリーズの新作(第4作目)の企画が持ち上がり、スクリプトは出来上がっていたものの、あれやこれやで延期され製作中止も危ぶまれたが、ようやく公開。原題の MAD MAX FURY LOAD というタイトルはそのままだが、なぜか邦題…

【映画】NY心霊捜査官

エミリーローズで良質の「オカルト裁判」を描いたスコット・デリクソン監督による良質の「オカルト刑事ドラマ」である。 NY市警のラルフ・サーキ巡査部長は、他の人には見えないものが見えたり、聞こえない音が聞こえたり、”勘”のよいところがあった。人は…

【映画】寄生獣 完結編

昨年暮れに公開された「寄生獣」の続編で完結編である(完結編といっても2部作なので前編・後編のような気もする。) 突如として現れた謎の寄生生物パラサイトは、人間の脳を乗っ取り、人間社会に潜み、人間を食料としていた。 ひょんな事故から脳を乗っ取ら…

【映画】エクソダス・神と王

昨年公開のダーレン・アロノフスキー監督作品「ノア〜約束の舟〜」に続いて、聖書の第2巻「出エジプト(EXODUS)」を映画化した聖書もので、リドリー・スコット監督、クリスチャン・ベイル主演の”大作”である。 ユダヤ人(ヘブライ人)として生まれたモーセ…

【映画】インシディアス第2章

「狡猾な」という意味の”インシディアス”。息子ダルトンは幽体離脱の能力を持っていた。毎夜、夢の世界で幽体離脱をこれといった疑念も持たずに楽しんでいたが、そこには狡猾な霊・悪魔が潜んでおりダルトンの身体を乗っ取ろうと画策していた。ダルトンは死…

【映画】96時間

娘を誘拐されたお父さんが娘を救うためという正義を振り回して次から次へと人を惨殺していくサスペンス・アクション映画。その優しいまなざしで過激なアクション映画とは縁がなさそうなリーアム・ニーソン、娘が誘拐された救出作戦をリーアム・ニーソン1人で…

【映画】感染列島

鳥インフルエンザが発生し、近隣周辺では”風邪のような症状”が蔓延、新型インフルエンザの発生が疑われた。しかし吐血し死亡したりタミフルが全く効かなかったり、鳥インフルエンザの発生源である鶏舎では全く感染した人間がいないなど、新型インフルエンザ…

【映画】オブリビオン

西暦2077年。異星人の攻撃に合い、どうにか勝利したものの、核兵器によって荒廃した地球。誰もいなくなった地球で、ジャック・ハーパーは相棒のヴィクトリアと、たった2人で、残党の異星人退治の任務についていた。 ”誰も居ない荒廃した地球”という唐突な設…

【映画】キック・アス/ジャスティス・フォーエバー

スーパーヒーローに憧れるコスプレなりきり少年が通販で購入したスーツを身にまとい「キック・アス」と名乗って活躍する前作「キック・アス」の続編である。 原作コミックはよく知らないのだが、スピンオフ作品「ヒットガール」を下敷きにしたもののようだ。…

【映画】寄生獣

遊星からの物体X、盗まれた町(ボディスナッチャーズ)を下敷きに(ぱくり)ながらも、主人公を高校生に据え、半”寄生獣”となってしまった彼の成長を描き、はたまた、人間と人間でない者を比較して描くことで、人とは何か、人間らしさとは何かを問いかける…

【映画】タイム・マシン(80万年後の世界へ)

「SFの父」と呼ばれる H・G・ウェルズの古典SF小説「タイム・マシン」の1960年公開作品である。 タイムマシンといえば時間を超越し、さまざまな時代に移動できる機械・乗り物で、ドラえもんにも登場し、バック・トゥ・ザ・フューチャーにも登場し、スタート…

【映画】刑事グラハム/凍りついた欲望

原題は「MANHUNTER」。原作のタイトルは「レッド・ドラゴン」。トーマス・ハリス原作のハンニバル・レクターシリーズ第一弾である。この5年後、第二弾「羊たちの沈黙」が大ヒット・アカデミー賞を獲得し、第3弾「ハンニバル」公開、そして第4弾「レッド・…

【映画】アポロ18

米国NASAによる有人宇宙飛行計画「アポロ計画」。アポロ17号まで実施され予定されていたアポロ18号の打ち上げは中止された。との公式アナウンスだが、実はアポロ18号は打ち上げられ月に到達していたのである。しかし、その事実は伏せられた。 近年…

【映画】ゼログラビティ

地球の上空600kmは重力を感じることのない無重力状態。そこでロシアが自国の衛星を破壊したら、その破片が次々と別の衛星を破壊し、宇宙ゴミが散乱。ちょうどハッブル望遠鏡を触っていた主人公を宇宙ゴミが襲う。乗ってきたスペースシャトルは粉々に破壊…

【映画】オズはじまりの戦い

オズの魔法使の前日譚でいわゆるゼロものである。もちろん映画制作者の創作で、オズシリーズの中にこういうものがあるわけではない。スパイダーマン3部作のサム・ライミ監督と、ゴブリンJrのジェームズ・フランコ主演による。 それにしても「オズの魔法使…

【映画】マニアック・コップ2

いやはやB級ホラー「地獄のマッドコップ」に続編が製作されるだけでも驚きなのに予算もアップしたせいか、火薬の量が違う。もう大作並の爆破シーン(半分うそ)。 ストーリーもパワーアップ。前作では罠にはめられて殺された復讐(といっても誰彼かまわず殺…

【映画】マニアック・コップ

公開時の邦題は「地獄のマッドコップ」。そのタイトルから、マッドな警官が地獄からやってくる、みたいな印象があるが、その通りの内容だ。 優秀な警察官だったマット・コーデルは犯罪組織の罠にはまり、無実の罪で監獄に収監され、そこで滅多切りにされ死亡…

【映画】処刑人

よく聞け。貧乏も飢えも許す。怠慢も堕落も許す。だが不正は許さん。悪事は見逃さない。 地獄の果てまで追いつめる。悪事を働く者を殺し血の雨を降らせてやる。殺すな。姦淫するな。盗むな。これが神を信じる者の掟だ。人としての基本的な振る舞いだ。守らぬ…

【映画】渇き(2009年・韓国作品)

伝染病の人体実験で奇跡的に助かった神父サンヒョン。”神の栄光を表す奇跡の人”あるいは”神”と崇められることになってしまったが、実は、実験のせいで血を吸わずにはいられないバンパイアとなっていた。神に仕える身でありながら、吸血鬼となってしまったこ…

【映画】ゾンゲリア

サンゲリアではなくゾンゲリア。80年代の粗製濫造気味イタリア・ゾンビ映画ではなく粗製濫造気味の米国ゾンビ作品である。「ゾンビ作品」とは言っても、表だってゾンビが襲っては来ない。物語の最後になって、ああこれは「ゾンビ」だったんだ、というオチが…

【映画】ガッチャマン(実写版)

「新造人間キャシャーン」「マッハGo!Go!Go!」「ヤッターマン」につづく、”日本のマーベルコミックス(笑)”タツノコの実写版第4弾「ガッチャマン」である。 タツノコの代表作と言っても過言ではない”科学忍者隊ガッチャマン”、監督は”カイジ実写版”の佐藤…

【映画】SF/ボディ・スナッチャー

盗まれた町のリメイク第一弾。盗まれた町は何度もリメイクされているが、筆者的には、やはりこのリメイク第一弾が最もしっくりとくる。リメイクされるたびに地区や人名などが異なるが話の筋は次のとおり。 とある町で、宇宙からやってきた謎の生物によって、…

【映画】ふうけもん

「われら青春!」「夜逃げ屋本舗」でおなじみの中村雅俊主演、「釣りバカ日誌」の栗山富夫監督の人間ドラマ作品である。2009年に東映系で全国公開を予定されていたが直前になって”お蔵入り”。2014年に自主上映の形で全国巡回上映が開始され、現在も…

【映画】HK/変態仮面

スーパーヒーローアクションである。もう、この見た目なので、まじめに解説すべきものなのか非常に悩むが、まさかの実写映画化を決めたのは俳優の小栗旬。本作の大ファンらしい。 どMの刑事と、どSの女王様を両親にもつ色丞狂介(しきじょうきょうすけ)は、…

【映画】地球爆破作戦

冷戦下のアメリカ。フォービン博士は自ら開発したスーパーコンピューター「コロッサス」の電源を投入した。国防のため開発された「コロッサス」だったが、通信ネットワークを使い進化していくにともなって、次第に”自我”を持ち始める。 仮想敵国であるソビエ…

【映画】ゴースト・ライダー

筆者は正直言ってニコラス・ケイジがアメコミ・ヒーローを演るとは考えてもみなかったが、本作「ゴースト・ライダー」の主役ゴースト・ライダー/ジョニー・ブレイズを演じるのは紛れもなくニコラス・ケイジであったりした。 サーカスの芸人ジョニー・ブレイ…

【映画】アンチヴァイラル

近未来。セレブ・著名人フェティシズム、有名女優と同じ髪型・同じ服装・同じアイテムを身につけるのと同じように、彼女のかかった病気、ウイルスを体内に注射、彼女と同じ病気にかかることが流行していた。注射技師のシドは、プレミア、希少価値の高いウイ…

【映画】悪の法則

監督がリドリー・スコットで、マイケル・ファスベンダーとブラッド・ピットが出てるというだけで、内容も何も知らなかったのだが「悪の法則」という格好いい(格好いいのか?)タイトルに惹かれて鑑賞した。 原題は「The Councelor」。弁護士さんと翻訳され…

【映画】アウトレイジ・ビヨンド

小汚い暴力団の世界を描いて(といっても暴力団の様相をドキュメントしたわけではなく単にエンターティメントとしての暴力描写)ヒットした「アウトレイジ」の続編・パート2が本作「アウトレイジ・ビヨンド」である。 前作で、周囲から少々浮いたインテリヤ…

【映画】アウトレイジ

戦場のメリークリスマスに、素人同然のお笑い芸人が半ば主役級で抜擢されたのは1983年。ビートたけしである。その6年後「その男凶暴につき」で映画監督デビューを果たしてから、世界的にその作品性が賞賛され、いまや北野武監督としての方が著名だったりもす…

【映画】Ted

リアルな(実はリアルでも何でもないのだが)CG動物が活躍する映画といえば、少しまえに「ガーフィールド」という態度の悪い猫の作品があった。本作 Ted では、かわいらしいはずのテディ・ベア(ぬいぐるみ)が、中年になり、やたらと下品なオヤジとして登…

【映画】吸血鬼ドラキュラ

かつて一世風靡したドラキュラ・シリーズは、特定世代の方なら必ず「ハマーフィルム」ということだろう。ピーター・カッシング演じるヴァン・ヘルシング教授と、クリストファー・リー演じるドラキュラ伯爵の頭脳戦(若干のアクションも)の強烈なイメージは…

【映画】ドリームハウス

007のジェームズボンド(6代目)を演じる伊達男ダニエル・クレイグ主演のサイコ・スリラー。 家族と向き合う時間を増やそうと、ウィル(ダニエル・クレイグ)は会社を退社して郊外の家に引っ越すことにした。引っ越し先は、父親以外の家族が全員惨殺され…

【映画】ミッション・8ミニッツ

シカゴで乗客全員が死亡する列車爆破事件が起こった。事件を解決すべくスティーブンス大尉は「爆破犠牲者が死亡するの8分前の意識」に乗り込み調査を開始する。何度も死の8分前の意識に乗り込み、8分間だけの調査を繰り返すうちに、スティーブンス大尉は事件…

【映画】パシフィック・リム

CG(コンピューター・グラフィックス)が発達し、動物が立って話しても、ありなえいメカの変形があっても驚かなくなって久しい。そんな中、製作・公開された「ロボットvs怪獣」の映画作品が本作「パシフィック・リム」である。 監督はギレルモ・デル・トロ。ミ…

【映画】チャイナ・シンドローム

地方テレビ局の人気女性リポーターは、ある日、原子力発電所の特番を担当することになった。しかし取材中、発電所では何らかのトラブルがあったようで、所長のゴデルたちの顔色が変わる。発電所内での撮影は禁止されていたが、密かに行っていたカメラマンは…

【映画】ポゼッション

エキセントリックな男優としてはゲイリー・オールドマン(最近は主人公の脇をかためるイイ人が多いけど)があげられる。エキセントリックな女優はというと筆者は80年代大活躍だったイザベル・アジャーニをあげる。イタリアの女優で、精神的に崩壊寸前とか…

【映画】死霊館

心霊現象の研究家として名高いウォーレン夫妻。夫であるエドはカトリック教会公認の非聖職の悪魔研究家、妻のロレインは高い霊視能力を持っている。 そのウォーレン夫妻の講演を聴講したペロン一家が持ちかけてきた相談「念願のマイホームを購入したが奇怪な…

【映画】ノア~約束の舟~

筆者は非常にダーティなプロテスタントのクリスチャンである(笑)そんなわけで、ダーレン・アロノフスキー監督の「ノア~約束の舟~」の劇場公開を非常に心待ちにして、初日は平日で仕事が忙しいので(笑)土曜日の午後、鑑賞に向かった。 ノアとは旧約聖書…

【映画】猫侍

江戸の長屋に「百人斬り」の浪人が流れ着いた。 その男の名は斑目久太郎(まだらめきゅうたろう)。元加賀藩の剣術指南役で訳あってお役御免。新しい仕官先を探すため加賀から江戸へやってきた”就活生”である。 しかし世は太平。なかなか就職先が見つからな…

【映画】ミスト

モダン・ホラーという言葉が台頭してきたのは、偏にスティーブン・キングの登場による。それまでは、ただ怖い、ただ悪い、そうした悪のキャラクターが人間を襲う展開のものばかりで、日本風にいうなら「お化け屋敷」であり、「ジャットコースター」であり、…

【映画】THE APPARITIONアパリション -悪霊-

半年ぶりのご無沙汰でした。なかなか多忙で書き込めず、ずいぶんと時が過ぎてしまった。またぼちぼちと、あいかわらずの内容を書いていこうと思います。 さて復活第一報は、久しぶりの正当派オカルト映画「アパリション-悪霊-」。1973年。オカルト大好きな方…

【映画】アイアンマン3

アベンジャーズの戦いから1年。”アイアンマン”ことトニー・スタークを取り巻く状況はずいぶんと変わっていた。合衆国は”ヒーロー”という個人に委ねることを危惧し、史上最凶のテロリスト”マンダリン”が国内で爆破事件を起こしていた。トニーは、精神的に追…

【映画】ミスティックリバー

米国映画界の重鎮となっているクリント・イーストウッド監督によるサスペンス。(ミステリーかも) 3人の幼なじみジミー、デイブ、ショーンが道ばたで遊んでいたある日、警察を名乗るあやしげな男にデイブは拉致され、性的虐待を受ける。 その後、離ればな…

【映画】HOUSE

80年代「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」いわゆる尾道三部作を公開し、熱狂的な支持者を産み出した映像の魔術師・大林宣彦監督の商業映画第1作が本作である。 女子高生仲良し7人組が訪れた郊外の家に食べられてしまうという「ホラー」であるが…

【映画】ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコル

「例によって君もしくは君のメンバーが捕らえられ、或いは殺されても、当局は一切関知しない」というのを”ゴーストプロトコル”というそうだ。毎回ゴーストプロトコルは発令されているじゃないかと思っていたら、今回は、作戦の失態によって米国政府が当局(…