★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

音楽大好物

【音楽】コンテンポラリー賛美歌? GeeBars

コンテンポラリー・ワーシップ・ソングというものがある。1960年代あたりから主にプロテスタント教会において発展した賛美歌の1ジャンルで、それまでの(日本では)文語調の歌詞の伝統的な(ある意味古めかしい)賛美歌に対して、文字通り「現代的な」礼拝…

【音楽】LifeLike Overdrive

おフランスの小室哲哉(違)LIFELIKE氏の新譜(だと思う)が、YouTube にアップロードされていました。最近は日本の iTunes では、LIFELIKE氏の新譜が、なかなか配布されないような気がするのですが、LIFELIKE氏自身は相変わらず?新譜を惜しげもなく Youtub…

【音楽】Over the Rainbow

児童文学でおなじみの「オズの魔法使」。その1939年のミュージカル映画の劇中に歌われた名曲が「虹の彼方に( Over the Rainbow )」は、その(オズの魔法使の)美しい世界観がよく表され、またその美しい旋律から長く世界中に愛されている数少ない(おそ…

【音楽】QUIT30/TM-NETWORK

80年代の古くささ、往年のTM節満載のTM-NETWORKの新譜は、デビュー30周年で7年ぶりのオリジナルアルバム。日本がまだ歌謡曲とフォークソングに席巻され、世良公則&ツイストの「あんたのバラード」という演歌を最新ロックだと有り難がっていた頃、ピコ…

【音楽】子供達を責めないで

伊武雅之という下積み中の俳優さんが、宇宙戦艦ヤマトのデスラー総統で渋く深みのある声をやって後に、伊武雅刀さんになって(時系列の記憶が少々あやしいが)、イエロー・マジック・オーケストラの増殖・マルチプライスが発表されたころ、深夜ラジオ番組の…

【音楽】ジェロ

筆者は深いワケがあって演歌は避けている(笑)しかし数年前、思いっきりヒップホップなファッションで、ヒップホップなダンスを踊りながら、演歌を歌うアフリカ系アメリカ人を見て、カルチャーショックを受けていらい、深いワケを封印し、避けないようにな…

【音楽】大江戸捜査網のテーマとインヴィクタ序曲

スパイ大作戦(ミッション・インポッシブル)の変拍子とマイナーなコード感も非常に格好がよく筆者好みだが、日本の時代劇にも変拍子ありの非常に格好がよい曲がある。 大江戸捜査網のテーマ(玉木宏樹作曲)。 金管楽器をメインに据えた、やたらと壮大なテ…

【音楽】山下毅雄氏とテンションノート

ドミソがⅠ度の和音、ドファラがⅣ度の和音、シレソがⅤ度の和音。コード記号で表すとそれぞれC、F、Gとなる。例えばドミソに、もう一音加えて、ドミソシとするとC7となり、さらにドミソシレとなるとC9になる。当然、この上のC11とかC13とかもある。ポッ…

【音楽】リゲティとミクロ・ポリフォニー

スタンリー・キューブリック監督作品である「2001年宇宙の旅」「シャイニング」で登場する神秘的な”現代音楽(クラシック)”がリゲティ作品である。 筆者もリゲティ作品と初めて出会ったのは、やはりキューブリック作品であった。 ミクロポリフォニーとは、…

【音楽】石川県の合唱団 Szai と 音ぼらぁ♪と と LaMusica

筆者はときどき合唱団のコンサートに出かける。合唱についてはリゲティのルクス・エテルナで、癒され、熟睡して以来(笑)好きだったのだが、私事でちょっといろいろあって、ふさぎ込んでいた時期にひょんなことから誘われて行ってみたら、非常に良かった、…

【音楽】ゴスペル・フォーク・デュオ Gee Bars

ゴスペルとは昨今ではすっかり「そういう音楽のジャンル」とされているような風潮があるが、本来は黒人霊歌とも呼ばれる”賛美歌”のことである(ゴスペル = God Spell とも言われているがホントのところは定かではない)そのゴスペル・・・・と言っていいのか…

【音楽】HIS

誰が見ても聞いてもイロモノであった「HIS」が突如として現れたのは80年代も終わり90年代の幕開けの頃であった。 HIS(ヒズ)という名前の通り HOSONO、IMAWANO、SAKAMOTO つまるところ細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美の3名で構…

【音楽】土屋昌巳

80年代初頭「すみれSeptember Love」でブレイクしたようなしなかったような「一風堂」というバンドがあった。そのリーダーで、当時、研ナオコに似ていると噂されていた土屋昌巳。 いろいろとご活躍されていらっしゃったのだが、土屋昌巳と言えば、という活…

【音楽】Chicken Consommé 立花ハジメ

国産テクノの黎明期、テクノ御三家と呼ばれていた「P-MODEL」「プラスチックス」「ヒカシュー」。ミュージシャンというよりは、デザイナーや作詞家など本業を持ち、音楽はアルバイトのような?ものだったプラスチックスに所属していたうまヘタギタリストの立…

【音楽】Fire Bird (YMO)

iTunesを見ると、おすすめ欄に「FireBird/YMO」があったりして、そんな曲があっただろうか、またアルファレコード商法の一環かと思って視聴してみたら、聴いたことがない(笑)めずらしく本当に新曲であった。 YMO名義の新曲は 2007年の「RYDEEN 79/07」以来…

【音楽】戸田誠司(SHI-SYONEN,FAIR CHILD)

なぜかコンピューター関連雑誌に連載が多い戸田誠司が80年代初頭に率いたテクノバンドというかユニットが SHI-SYONEN(し・しょうねん)だ。テクノというよりは思いっきりエレポップで、ひところ細野晴臣氏でおなじみのノン・スタンダードレーベルに在籍。…

【音楽】姫神

テクノといえばピコピコ。それがある程度熟成されてくると、アンビエントな方向でのシンセサイザーの活用が興り、いわゆるニューエイジと呼ばれる音楽シーンを形成していったのは、これまたやはり80年代。 岩手県にそびえたつ姫神山の名称を冠した 星吉昭…

【音楽】TM NETWORK 〜 I am 〜

多忙を極めていたため(いるため)全く気づかなかったのだが、先日、NTT西日本のポイントを iTunesギフト3000円分に交換したのを機に、いろいろと iTunes をあさっていたら きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ、MIYAVIの隙間に、こっそりと TM-NETWORKを発…

【音楽】Getting High (Lifelike/Popular Computer)

パリの小室哲哉と言っていいのかどうかわからない 筆者お気に入りのフレンチ・ミュージシャン(DJ) Life Like 氏。普段は、ほかのミュージシャンの Remix ばかり手がけていたりして、およそ半年に1曲、Life Like名義の新譜を発表していたのだが、今年の冬は…

【音楽】君の瞳に恋してる(CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU)

時に1967年鳥取県の広大な砂漠の中でつちのこは製造され出荷された、ではなく、フランキー・ヴァリが当時のポップミュージックとしてヒットさせた「君の瞳に恋してる(CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU)」という楽曲があった。 これを80年代になってボーイズ・タウ…

【音楽】DAY 1 -雅-

筆者は「MIYAVI-雅-」という人物を全く知らない(笑) たまたま iTunesストアで、何か元気の出るテクノはないのか、と探していたら、「やたらと元気でノリノリだけども英語が何となくカタカナ」で、さらに「非常に日本人向けの編集」だったりする曲を発見し…

【音楽】ヨハヒム・ウィット

ドイツの人気ミュージシャンなのだと思う。若い頃からずっとミュージシャンなので、ずいぶん息が長い現役のミュージシャンだと思う。あまりに情報が少ないので思うばかりで、そもそも、この方が何者かよく知らないのだった(笑)筆者がヨハヒム・ウィットと…

【音楽】浜田麻里

今は亡き樋口宗孝(LOUDNESS/ドラマー)のプロデュースにより「麻里ちゃんはヘヴィーメタル」だったか、ヘヴィメタ・アイドルを標榜するようなノリで 80年代の初頭にルナティック・ドールでデビューしたのではなかったかと記憶している。ちょうど、LOUDNESSを…

【音楽】BOWWOW

70年代後半に驚異的な早弾き(ライトハンドではない)で、周辺のロックキッズの度肝を抜いた山本恭司を中心に4人組で結成されたハードロックバンド。日本では老舗の部類に入るバンドで、デビュー当時は、あやうくアイドル路線になりかけたバンドでもある…

【音楽】LOUDNESS

80年代にはピコピコテクノやニューウェイブなど、新種・珍種の音楽が洪水のように産まれ消えていったが、いわゆる”ヘビメタ”も、よくわからないブームになり、次々と新しいロックバンドが輩出されていたりした。 もちろん、日本の音楽シーンの話だ。まだま…

【音楽】Spring of Life(Perfume)

筆者が Perfume のことを「これはスゴイ・・・」と、たかがアイドルだと切り捨てていたことを深く陳謝してから、もうすぐ1年が経過しようとしている。陳謝して、その後、しばらく Perfume の”音”を追いかけてみたのだが、なんともアイドル憮然としていて、…

【音楽】Wendy and Lisa

「ウェンディ・アンド・リサ(Wendy and Lisa)」という名前を聞いて、すぐに「プリンス」とお気づきの諸兄は、ある特定世代の方だけであろう。 プリンスのコマーシャル的な全盛時代「1999」から「パープル・レイン」その後少々90年代半ばまで、プリンスの…

【会長】9月

今週のお題「ホワイトデーの思い出」 私は株式会社エヌジェイシー会長。 おしり向きで失礼。 ようやく春なのかも知れないと思えるほどの気候に近づいて来たようだが、まだまだ「暖かい」には、ほど遠い今日この頃、諸君はいかがお過ごしであろうか。私は、日…

【音楽】Yellow Magic Orchestra(6)浮気な僕ら

通算7作目は、とつぜん「おじさんアイドル」に転向し、安易に売上確保のための作品のように思えてしまうが、意外にそうでもなく、しばらくの間のソロ活動の影響か、細野氏、高橋氏、坂本氏の3人3様が、BGMやTECHNODELICよりも顕著に表れた快作でもある。 …

【音楽】Yellow Magic Orchestra(5)TECHNODELIC

通算6枚目のYMO作品。いわゆるサンプリングマシン(サンプラー・PCM音源のようなもの)で製作されたアルバムで、当日突如として出現したフェアライトCMIやイーミュといった高額マシンではなく、手作りの「LMD-649」で製作されている。サンプリング…

【音楽】Yellow Magic Orchestra(4) BGM

温泉マークのYMO。通算5作目になる本作は、いままでのテクノでポップなディスコ風電子音楽から一転、陰鬱で暗く、実験的要素もあり、イギリス・ニューウェーブだったりするような、変わった作品となった。筆者的には、YMOといえば、まず、これ。で、雷…

【音楽】Yellow Magic Orchestra(3) 公的抑圧〜増殖

YMOの3作目は、ライブ音源(ただしレコード会社の版権の都合で、ギターの渡辺香津美のギターが消えてしまっているので、はたしてライブ音源と言うべきか否かは不明。この件は、今はOKになったようで、現在発売されている入手可能な版にはちゃんと録音さ…

【音楽】Yellow Magic Orchestra(2) SOLID STATE SURVIVOR

YMOの2枚目は、前作の勢いはそのままに。どちらかといえばフュージョン色と、意図的なまでの東洋的なサウンド色が強かったが、いきなりキャッチーなニューウェイブ色満載の作品で、たぶん、最も著名な「TECHNO POLIS」と「RYDEEN」が収録されたアルバム…

【音楽】Yellow Magic Orchestra

黄色魔術楽団と銘打ってYMO(Yellow Magic Orchestra)が結成デビューしたのは、80年代も間もなくはじまろうとしていた1978年の頃であった。 ベーシストの細野晴臣氏が、自身のソロハルバム「はらいそ」のレコーディングの日に、ドラムスの高橋ユキヒロと、…

【音楽】LOGIC SYSTEM(5) Everything Is In The Nature

筆者にしてみると、LOGIC SYSTEMの「Everything Is In The Nature」は、久しぶりに購入したLOGIC SYSTEM のニューアルバムである。 いきなり始まるド派手なオープニングは「東方快車」のノリで、ああ松武秀樹氏だと納得してしまう曲だが、いわゆる暗く8ビー…

【音楽】LOGIC SYSTEM(4) TANSU MATRIX

第4のYMO松武秀樹氏ひきいるロジックシステムの最近の作品。 世の中すっかりデジタルになってしまった昨今において、とつぜん、文字通りタンスの奥からタンスを引っ張り出して、デジタルとの競演(コンチェルト)を行ったのが本作。 往年のなつかしいE-m…

【音楽】LIFE LIKE REMIX(なぜか無料)

筆者が最近ずっと”追いかけて”いるフランスの小室哲哉氏とでも呼べばよいかな LIFE LIKE。 フランスの音楽業界の情報はなかなか入手できないことから、いったいいつ何をやってるのかさっぱりわからないが、おおよそ半年に一度、LIFE LIKE 名義での新作が発表…

【音楽】LOGIC SYSTEM(3) 東方快車

第4のYMO(笑)松武秀樹氏のユニット第3弾は、オリンタル急行・・・ならぬ東方快車と銘打たれたテクノ歌謡曲集。タイトルから想像するに、同じくテクノのクラフトワークの「ヨーロッパ特急」に触発されたかの印象を受けるが、当人曰く、ずいぶん前から…

【音楽】LOGIC SYSTEM(2) VENUS

第4のYMO松武秀樹のソロプロジェクトLOGIC SYSTEM の第二弾。縦割りビートの1作目 LOGIC からは打って変わって、フュージョンを思わせるような横ノリで埋め尽くされている。今回は”楽曲集”とは一味違い、聖書の創世記をモチーフとした(と自称)ドラマ…

【音楽】LOGIC SYSTEM(1) LOGIC

何十年前の作品であるが、2008年に突然CDで再販された。おめでとう。 版権などの問題が解決できずに、再販ができなかったようなウワサもあるし、発売して売れるのか、という気もしていた本作品。LOGIC SYSTEM の 第1作「LOGIC」YMO世代の方なら、第4の?YM…

【音楽】TM-NETWORK(5) SELF CONTROL

個人的には、TM NETWORK は ここで完成された、と思う4枚目。いわゆる「TKフレーズ」、4分-4分-三連符、8分8分8分8分-三連 (正確には3連ではないが)と、二重ベース、主旋律を無視したよう な裏メロ、意味不明な転調は、ここで完成される。 自動的…

【音楽】TM-NETWORK(4) TWINKLE NIGHT

ミニアルバムなので、勘定していいのかわからないけれども個人的には、”わたしにとって”の TM NETWORK は、ここで終わりに近づく。次に出してくる作品で完成形だなぁと思ったものだ。ニウロマ的だった TM NETWORK の終焉ともいえるし、小室の”才能”も、出尽…

【音楽】TM-NETWORK(3) GORILLA

なんだか派手なジャケットのTM-NETWORK 3枚目。前作のアコースティック歌謡路線から、突然、生音のホーンセクションやデジタルピアノが強調されダンサブルなFANK色が強くなっている。機材的にも、サンプラー(いまでは当たり前だが)、PCM音源など、環境が…

【音楽】TM-NETWORK(2) CHILDHOOD’S END

TM NETWORK 2枚目。アーサーCクラークの「幼年期の終わり」を冠したセカンドアルバムは前作とうってかわって、SFファンタジー路線は皆無。松井五郎氏などの有名歌謡曲作詞家を大量導入し、チープな青春歌謡となっている。若いんだから「愛だ、恋だ」と歌…

【音楽】TM-NETWORK(1) RAINBOW RAINBOW

今、あらためて聴くと、いわゆる「TK(小室)サウンド」にかけらは微塵もない、フォークソングを電子楽器で表現したような古典演歌に聴こえる。なんといっても、生音は「ボーカル」と、じ・あるふぃーを思い起こさせるような3人の和音のみ。DX-7のプリセット…

【音楽】JAPAN

ニューウェーブ(死語)のムーブメントが起こっていたかどうかの70年代の中頃 JAPAN というグラムロックなアイドルバンドが、イギリスで結成された。当初、まったく売れなかったが、エレクトリックな(たぶん)ニウロマ路線に転向し、日本に紹介されたことで…

【音楽】タケバン

”わたがしのような頭に笑顔の可愛い悪ガキ”といった印象の竹入隆行を初めて見たのは2011年6月5日の Jealous Guy という金沢のライブハウスの20周年記念ライブであった。金髪というかほとんど白髪で連獅子のように爆発させた頭髪に2拍子ロックで、おそらく…

【音楽】Hubert Kah

SONYがまだ世界のSONYだった頃、WALKMANという携帯カセットテーププレイヤーが日本を席巻していた。そのCMに起用された「ANGEL07」という曲を演っているのがドイツの「Hubert Kah(フーバーツ・カーと発音されている、一般的にはヒューバート・カー)」という…

【音楽】THE BEATNIKs(鈴木慶一・高橋幸宏)

ムーンライダースの鈴木慶一とYMOの高橋幸宏が結成したユニット。 そのユニット名が物語るように、米国の文学界で流行ったビートニクから、頂戴したものでビート・ジェネレーションとも。ウィリアム・バロウズなどが代表的著名人になるのだろうか(あまり…

【音楽】パール兄弟

ハルメンズのサエキけんぞうが、同じくメンバーだった上野耕治がゲルニカ(feat.戸川純)への参加で多忙になりハルメンズの活動が停滞したのをきっかけに結成したのが「パール兄弟」であった。 メンバーはサエキけんぞうを筆頭に、実弟のギタリスト窪田晴雄、…