読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【映画】Ted

あんまりオススメしない映画

f:id:tsuchinoko118:20140912110604j:plain

リアルな(実はリアルでも何でもないのだが)CG動物が活躍する映画といえば、少しまえに「ガーフィールド」という態度の悪い猫の作品があった。本作 Ted では、かわいらしいはずのテディ・ベア(ぬいぐるみ)が、中年になり、やたらと下品なオヤジとして登場する作品である。

ひとことで言えばスラップスティックなコメディだが、過激な描写が多くR指定(日本ではR15+)を確信犯的に受けていたりする。

1985年のボストン。いじめられっこで友達のいない少年ジョンは、誕生日のプレゼントにテディ・ベアをもらい、「命が宿ってボクと永遠に友達になってくれますように」と祈ると、祈りは届き、テディ・ベアに命が宿る。

それから時が経ち2012年、すっかり中年男性になったジョンと、テディ・ベアは、まだ友達として一緒に暮らしていた。テディ・ベアの愛称は「テッド」。テッドもジョンと同じく年をとり、ふてぶてしく下品な中年オヤジになっていた。

みずタバコ(マリファナ)、フラッシュゴードン、下品なオヤジギャグ。

かつては「生きたぬいぐるみ」として国民的に愛されたキャラクター「テッド」だったが今は、かつての愛らしさはなく、ただ「いつまでも大人になれず子供のまま」オヤジになってしまっていたのだった。

f:id:tsuchinoko118:20140912110635j:plain

共に暮らすジョンも同様で、仕事でもうだつが上がらず、せっかくできた恋人ローリーと結婚する気さえ起こらない。

そんな二人だったが、ある日のこと、ジョンがローリー連れて自宅に戻ると、テッドは売春婦を呼んで乱痴気騒ぎ。ローリーが激しく怒り出す。

そしてローリーの提案によって、ジョンとテッドは離れて暮らすことに。

オヤジくさいテディ・ベアという強烈な印象のキャラクターだが、ストーリーは、ひどく下品なところ以外は、意外に普通のファミリー向けストーリーだったりする。

このため、作品としては非常に見やすい。

f:id:tsuchinoko118:20140912110701j:plain

ラストに向かって起こる「テッドの危機」そして「テッドの死」「友情の再認識」の展開も”これほど品のないキャラ”が愛おしく見えるようなファミリー向け動物ものの王道のような展開である。

そういう意味では、テッドというキャラ以外は、とくに目新しいものはなく、退屈で独創性に欠ける(NYタイムス評)と言われても仕方がないのかもしれない。実際、筆者も、けっこう期待していたのだが、途中からはあくびが出て、最後はすっかり、あきてしまった。一過性のコメディ・エンターティメントとしては、おもしろいのだが、映像作品としてどうなのかと考えると、ちょっと一発ギャグに頼りすぎ。

そんな作品であった。


Ted - Trailer - YouTube