読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

「歴史を感じる場所」 #地元発見伝

「歴史を感じる場所」 #地元発見伝
https://www.google.com/maps/preview?q=36.813811%2C136.776236
宝達志水町, 石川県県道75号線

地元の魅力を発見しよう!特別企画「地元発見伝
http://partner.hatena.ne.jp/jimoto/

旧約聖書に登場する預言者モーセは、シナイ山に登り神から十戒を授かる。

実はシナイ山に登った後、UFOで日本の石川県・能登にある宝達山に飛来、そこで十戒を授かり、シナイ山に帰っていったという。モーセは民をカナンへ導いた後、再びUFOで宝達山に戻り、ここに埋葬されたという。そんな、あやしいモーセがテーマとなっているのが「モーゼパーク」(石川県羽咋市宝達志水河原)

日本の正史として名高い古文献に「日本書紀」「古事記」が、あげられるが、もう一つあやしい日本の歴史書「竹内文書(たけのうちもんじょ)」が存在する。「竹内文書」によれば、モーゼは、シナイ山に登った後、天浮舟で、能登半島に渡り、宝達山で「十戒」を授かったあと、エジプトに渡り、イスラエル人を救ったあと、また再び能登に戻り、当時の天皇に拝し、十戒法を開くため宝達山に住み、天皇の娘大室姫と結婚。その後、538歳までの余生を宝達山で過ごした。と、記述されている。

「聖書」では、シナイ山に登り、「十戒」を携えてきた、と史実が一部省略されているが、実は、モーゼは、そのとき、日本の能登半島に渡っていたのである。

(ほんとかよ)

f:id:tsuchinoko118:20141106102159j:plain

モーセパークに到着すると、まず目に付くのが「モーゼの墓案内所(越野)」のカンバン。越野さんは、ひょっとしてヘブライ人の子孫で選民なのだろうか、あるいは預言者なのかも知れない。なぞがなぞを呼ぶ。

電話番号が書いてあったので、電話をかけてみたが誰も出てこない。

矢印の方向に家があるので尋ねてみたが、やはり誰もいない。残念だ。

 

奥へ進んでいくと、崩壊したギリシャ神殿のようなナゾの柱が立っており、そこに案内板が掲示されている。

f:id:tsuchinoko118:20070429142717j:plain

ほとんど「森」というモーゼパーク。小さな山か丘のようなものが3つある。そこは古墳モーセと家族が眠っている墓があるという。

f:id:tsuchinoko118:20070429141500j:plain

 これがモーゼの墓。なぜかシーサーと思わしき像と、線香が焚いてあり、献花されている。そのおくに立つのは卒塔婆

写真ではわかりにくいが卒塔婆には

・「神人モーセロミュラス魂塚」
・「南無阿弥陀仏

と日本語の筆文字で書かれている。もうわけがわからない。

f:id:tsuchinoko118:20070429141601j:plain

 すぐそばには「モーゼ一族霊団供養」と書かれた(たぶんこれも)卒塔婆も。

学名では「三ツ子塚古墳」と呼ばれるモーゼの墓には3つの小高い丘があり、それぞれモーゼ、モーゼの奥さん、モーゼの子供が葬られているそうだ。まじで?

モーゼワインというイチジクのワインも売られていたので、売り子の人に聞いてみると「そんはずはないだろう。よくわからないけど地元の活性化だ」と言っていたのが印象的であった。ここまでするのなら「まぎれもなく事実だ」と言い切ってほしかったところだ。

ちなみに、羽咋市ではUFOがよく現れるという。なんとも矢追純一氏の好きそうなところ。それが能登半島だ。