読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【映画】ミッション・8ミニッツ

あんまりオススメしない映画

f:id:tsuchinoko118:20140908134612j:plain

シカゴで乗客全員が死亡する列車爆破事件が起こった。事件を解決すべくスティーブンス大尉は「爆破犠牲者が死亡するの8分前の意識」に乗り込み調査を開始する。何度も死の8分前の意識に乗り込み、8分間だけの調査を繰り返すうちに、スティーブンス大尉は事件の真相へと近づいていくが、同時にある疑念を持ち始める。

ジェイク・ギレンホール主演のSFサスペンスである。

筆者は「爆破事故で死亡した被害者の意識に乗り込む」と聞いて、なんらかの”仮想現実”(シミュレーション)なのか、タイムスリップなのか、と思いながら、あまり好きではない(笑)ジェイク・ギレンホールを見ていたのだが、どうも様子がおかしい。

登場する「ソースコード」とか「プログラム」と呼ばれるSFな装置で主人公は列車と”転送”される主人公。「8分後」には爆破することがわかっているので、主人公は、その8分間に少しづつ少しづつ調査、しだいに犯人へと近づいていく。これを繰り返す。

しかし「被害者の意識」は、あくまでも「被害者のもの」なので、「被害者の知らないもの」「被害者の見ていないもの」は、いくらSFだからといっても「再現」されることはないはずだ。なのに主人公は、次々と新たな事実を発見していく。

どうやら「(事故死した被害者の意識を再生する)仮想現実」でもなければ、「過去に戻るタイムスリップ」ではないらしい。

ではいったい何なのか。

主人公のスティーブンス大尉は次第に疑念を持ち始め、実は自分がすでに戦死していることを知り、この「ソースコード」とか「プログラム」と呼ばれる装置が"再生”しているのではなく"パラレルワールド(平行世界)”へ”転送”していることに気づく。

装置が転送するたびに、新しい”パラレルワールド(平行世界)”が作られる。

なんども転送することにより、いくつもの”パラレルワールド(平行世界)”、別の時間軸、今現在の世界と全く同じか、あるいはとてつもなく似ているのだけど、別の世界が次々と産み出される。

スティーブンス大尉はそこに転送されていたのだった。

主人公は、くりかえす”転送”で、ついには犯人を突き止める。

平行世界なので過去は変えられない、そしてまた平行世界なので、そこで逮捕しても現実の方では逮捕されない。「情報」を拾い集め、現実世界に帰ってきたときに、それを報告する。そして現実世界の方で、警察が走り、犯人を逮捕。

ひどく、ややこしい。

さて、事件を解決したスティーブンス大尉は、「自分」の存在についての疑念を確かめはじめる。現実の世界では、すでに戦死している「自分」。しかし、今、こうして”転送”を繰り返し、たしかに生きているはずの「自分」。

f:id:tsuchinoko118:20140908134716j:plain

すべての現実を確認した主人公は、ある選択をする。

久しぶりにSFらしいSFを見ることができた。感謝。

映画のポスターには「警告:このラスト、映画通ほど騙される」とある。なるほど確かに、SFといえば宇宙、タイムマシン、非常に多い。突然、量子力学の”パラレルワールド”を持ってくるとは。また、サスペンス調でストーリーが展開するため、明確にこの仕組みを言及するシーンもない。

”自分が死ななかった過去の世界”という解釈もできないことはなく、そう”騙されても”仕方がないのかも知れない。ネットを検索してみると、たしかに、そういう解釈のままのレビューも結構な数、散見される。

いや、その”過去の世界とされる世界”でも、スティーブンス大尉は戦死したのだ。

電話でお父さんに謝っていたのは、”自分”が死んだことを認めた上での行動だ。

そして、エンドロールの直前に出てくるシーン。

グッドウィンに送ったメール、マシンの中に安置されるスティーブンス大尉の死体。これは過去の世界の”再生”ではなく、別の世界でこれから始まる現実なのだ。


映画『ミッション:8ミニッツ』特報 - YouTube