読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【IT】SIMフリーなスマホ Zenfone 2 laser

IOT奮戦記

f:id:tsuchinoko118:20150923073818j:plain

久しぶりに本格的な Androidアプリの開発のご依頼があったので、新しく Androidスマホを購入することに。以前よりいわゆる”格安スマホ”と呼ばれる MVNO も気になっていたので 今回は SIMフリーな スマホ ASUS Zenfon2 laser を購入することにしました。

【SIMフリー】従前は携帯電話とはキャリア(Docomo,Softbank,au)が販売しており、携帯電話はキャリアから買うもの、という認識が(とくに日本では)ありましたが、本来、キャリアは通信事業者で通信回線を貸すサービスが主な事業ですので、電話機本体を販売する事業はオマケのようなものです。しかし実際はキャリアのみが電話機本体を販売しており、しかも、その電話機本体は、購入したキャリアでしか使えません。Docomoで買ったスマホDocomoでしか使えず、au では使えない。auで使うなら Docomoで買ったスマホは破棄して、auで新たに購入しなくてはいけません。こうしたことを実現しているのが SIMロックと呼ばれる機構です。電話機本体が通信できるようにするための ICカード=SIM にロック(鍵)をかけて他のキャリアでは使えないようにしているわけですね。これに対して、ロック(鍵)をかけずに、SIMさえ差し込めば、どこのキャリアでも使えますよ、というのが SIMフリーで、最近日本でも大変よく見かけるようになりました。SIMフリー機は、キャリアの縛り=ロックがないので、メーカーが直接販売していたりします。スマホスマホ、通信は通信、と、分けているところが特徴ですね。

【MVNO】通信回線の方も、これまではキャリア(Docomo,Softbank,au)ぐらいしか電話やデータ通信は提供してこなかった感のある日本ですが、キャリアの持つ無線通信のインフラを貸し出すようになり 21世紀初頭から、その借り受けた通信網でキャリアと同等のサービスが開始されました。無線通信の設備を保有しないため、キャリアの画一的になりがちな通信サービスに比べて、例えば”格安”のようなサービスを打ち出すことが出来るのが特徴で、今では非常に多くの MVNO事業者が出現しています。

そんなわけで、「Docomoスマホ」「Softbankスマホ」「auスマホ」だったものが、「スマホ本体は ASUSで、通信は OCNモバイルONE 」「スマホ本体は SHARPAQUOS で、通信は Docomo」といった感じになってきています。

f:id:tsuchinoko118:20150923074552j:plain

そこで今回はMVNO事業者は「OCNモバイルONE」、スマホ本体は「ASUS Zenfone2laser 」を選択。なぜこれなのかという理由はとくにありません(笑)面倒だったので、セットでお得なのがないかネットで検索していたところ、この2つのセットが QUOカード2000円付で販売されていたので、これにしました。

利用の用途としては「日々の通話」ではなく「インターネットの利用などデータ通信」がメイン(なにしろ開発目的なので)で、一月あたりのデータパケット量が多く、比較的安定してそうな、という条件はあります(この点で FREETELもよかったのですが、なぜかスマホ本体が売り切れまくりで・・・人気があるのでしょうね)し、現在 Softbank + iPhone6plus なので、来年にコレ(SIMフリー+MVNO)に移行しようと企んでいる事情もあったりします。

ともかく申し込むと数日で、本体と OCNモバイルONE の申し込み書が届きます。いきなりSIMカードが届くわけではなく、ネットから申し込みます。これは利用するクレジットカードの登録や、MNP(電話番号の引っ越し)なのか、新規なのか、いろいろと条件がありますので、これをネットで設定するわけです。

もうしばらく待つと、SIMカードが届きます。説明書に従って「手袋をつけなさい」のところだけ無視して、力技で SIMカードを切り取ります。

f:id:tsuchinoko118:20150923074602j:plain

これが SIMカード

これを本体 ASUS Zenfone 2 laser に差し込むわけです。

f:id:tsuchinoko118:20150923073909j:plain

Zenfone 2 laser の縁にあるヘコミに、爪を押し込んで、割れそう壊れそうな感じを無視して、えいやと開きます。

f:id:tsuchinoko118:20150923073930j:plain開くと、2つの SIMカードを入れるソケットがあるので(この機種 ダブルSIMなんですね)どちらでもいいので SIMカードを差し込みます。

まず、バッテリーを強引に外して、右のソケットにSIMカードを・・・(右がNo.1、左がNo.2なので)

f:id:tsuchinoko118:20150923074228j:plain

SIMカードには docomo と書かれていますね。少なくとも OCNモバイルONEの通信品質は docomoです。

f:id:tsuchinoko118:20150923074245j:plain

ついでに SDカードも入れて、バッテリーを元に戻して、フタを締めます。

f:id:tsuchinoko118:20150923074300j:plain

電源スイッチをONすると・・・

f:id:tsuchinoko118:20150923074330j:plain

android (最近はドロイド君出てこないんですね) が起動します。OCN モバイルONE と Zenfone2laser の場合は、設定関係は、ほぼ自動なので、電源ONするだけで、もう電話として使えます。

電話をしてみるとわかりますが、MVNO は OCNモバイルONE でも、SIM1 DOCOMO とか表示されていますので MVNO事業者が いわゆるキャリア=Docomoの回線を使っていることがわかります。

こうなってくると、以前は、(例えば)ドコモの・・・と言えば、Docomoの通信サービス、Docomoが販売している機種など、いろいろな意味がワンパックになっていましたが、これからは、通信回線は通信回線、本体は本体、サービス内容はサービス内容と細かく分かれてくることになってしまいます。

さて、ここまで来て、今の iPhone6 + Softbank と、金額面で比較してみました。なんと半額以下。個人的には iPhone は最近の iOSでのiTunes の変化についていけず、Android の性能もずいぶんと上がり、さらには Windows 10 Phoneも、と、もはや iPhone である意味がなくなってきています(個人的に、そう思ってるということですが)。

キャリアも、一番最初に買ったのが「デジタルツーカーツーカーホン)」で、そのまんま「J-PHONE」で、そのまんま「VODAFONE」で、気がつくと自動的に「SoftBank」だったので、これというこだわりはありません(笑)なんだって構わないという(笑)

スマホも、10年ほど前 iPod nano を買おうと思っていた頃、フルブラウザでPCのメールが送受信できて、電話もできて、そこそこ小型というのが iPhone 3 しかなかったので(実は候補として W-ZERO3もありましたが、イマイチ・オシイという理由で流れました)という非常に消極的な理由だったので、こちらもこだわりがありません。

Android では ROOT化できるとか、さまざまな開発者らしい事情で ASUS がお気に入り(笑))

そんなわけで、けっこう軽く、思ったよりもサクサク動く AndroidASUS Zenfone2 laser / 通信品質も価格も問題なしの OCNモバイルONE 。かなりお気に入りです。

f:id:tsuchinoko118:20150923073818j:plain

Android も昔( 2.xxの頃 )は、いろいろと問題・課題も多かったですが 4.xx 以降はいいですね。(どうでもいいかも知れませんが USB x 2 とか、なんで出てこないんでしょう)

十分使えます。 ちなみに ASUS Zenfon2 laser は、無線LAN(WiFi)は 2.4GHz専用で、 5GHz はついてません。個人的には必要と思ってないけど、気になる人は「お安い理由」にお気をつけ下さい。

これで個人的には少なくとも来年の iPhone はないですね!

 

【映画】ピクセル

あんまりオススメしない映画

f:id:tsuchinoko118:20150922184232j:plain

1982年。パックマンギャラガドンキーコングなどの人気アーケード・ゲームの世界大会が開催された。その様子をビデオに撮ったものがNASAの宇宙ロケットに。地球外生命体へのメッセージというわけだ。

それから30年。当時のゲーマー(アーケーダー)4人。ギャラガの世界チャンピオン・ブレナーは家電店の腕利き職人として働き、あやしい陰謀論を唱え何を言ってるのかわからない自称「ワンダーボーイ」ラドローは相変わらず自宅にひきこもり、ドンキーコングでブレナーを打ち負かした自称「ファイアブラスター」のエディは詐欺師として警察に逮捕監禁され、ブレナーの幼なじみのウィルは歴代大統領の中で最もバカな大統領に就任していた。

ある日のこと、米軍基地が「ギャラガ」に襲撃され、次はイギリスだ、と宣戦布告のメッセージが何者かから届く。30年前、宇宙に送られた”世界ゲーム大会”のビデオを見たエイリアンが「果たし状」だと理解し、どんなものでもピクセルに変えてしまう能力で 80年代のゲームのキャラクターを再現、地球侵略を開始したのだった。

圧倒的科学力に、なすすべのない人類は、30年前のゲーマー(アーケーダー)に全てをたくす。人類の存亡を賭けたゲーマー(アーケーダー)とエイリアンの闘いが始まった。f:id:tsuchinoko118:20150922184324p:plain

主演アダム・サンドラーで、製作が(サンドラーの主催する)ハッピー・マディソンなので、監督が誰であろうと、他の出演者がどうであろうと、脚本が何であろうと、思いっきり「くだらない」作品であろうと、期待していたら、予告編や宣伝では「ピコピコ・オタクが地球を救う」とSF大作の香りが。おそらくはレトロゲームに期待していた人もいるのではないかと思うほどに、まともな超大作と思った方も多いだろう。

f:id:tsuchinoko118:20150922184344p:plain

アダム・サンドラーとハッピー・マディソンが、そんな真面目なことをするはずはない。本作は、筆者の期待通りの「よくぞ、ここまで金をかけて、こんなくだらないものを作ったな」的コメディ作品である。

あいかわらず会話の端々に、直接ストーリーと関係のない、どうでもいいようなアメリカン・ジョークが散りばめられ、ひどく冗長。筆者などは、ずっと笑いが止まらなかったが、見る人によっては退屈で退屈で仕方がないかも知れないし、ひょっとするとストーリーがまったくわからなかったかも知れない。

そもそも「ピクセル」というタイトルからもわかるように、ごくごく自然でリアルなグラフィックスを追求してきたCG(VFX)の努力を、あざ笑うかのようなドット絵への逆行。80年代当時の、あのドット絵は、ああいうデザインが流行っていたのではなく、ああしか出来なかったテクノロジーの事情であって、あの時代でさえも、8色から16色、256色、320x240 pixcels から 600x480 pixcels へ 1024x728 pixcels と、あくまでも自然でリアルなグラフィックを追求していたのだ。そうした時代の方向性そのものを、いぶかったような作風には、なかなかついていけない人もいるだろう。

f:id:tsuchinoko118:20150922184418p:plain作中の台詞でも、今のゲームには味がなく単調で残虐だと否定的な会話もあり、単に「ゲーム」「オタク」賛美ではないところも、興ざめする=観客を否定するような演出で、筆者は大笑いであった。(かといって、もちろん、懐古主義というわけでもないのだが。)このあたりのセンスは、いかにもアダム・サンドラーで、毎度のことながらアダム・サンドラー作品は観客を選ぶ。賛否両論がうずまき、その極端なこと極端なこと。話しは有って無いようなものではあるが、本作は、そうした「思想」そのものを小馬鹿にもしている。結局、能なし中年も、バカ大統領も、犯罪者も、陰謀論を唱えるひきこもりも、意を決して、具体的に行動に出る。そこには、勇気・愛情・自己犠牲がきちんと語られているのである。

本作は「家族で楽しめ、デートで楽しめる、ファミリーSF超大作」ではない。非常にマニアックな、いつものアダム・サンドラー節なのだ。監督が「グレムリン」「ホーム・アローン」「ハリー・ポッター」「ナイト・ミュージアム」のクリス・コロンバスだからと、騙されてはいけない(笑)

f:id:tsuchinoko118:20150922184507j:plain

だいたいパックマンの産みの親「岩谷 徹」氏(演じるのはデニス・アキヤマ)を出して「我が子よ・・・」とパックマンに近づき、腕を食われたから「こいつをブチ殺せ!」と、逃げていく・・・なんて演出(脚本)普通じゃ出来ませんよ。

筆者的には大満足。お腹いっぱい。

・・・ということは、やはり、とてもじゃないけどオススメしない映画なんですよね。


映画「ピクセル」予告編 - YouTube

【映画】猫侍 南の島へ行く

あんまりオススメしない映画

f:id:tsuchinoko118:20150912203337j:plain

”まだら鬼”の異名をもつ剣豪・元加賀藩剣術指南役の班目久太郎は、わけあって今は浪人の身。日々、姑にイビられている。

ある日のこと、土佐藩の剣術指南役になり勤めを果たせば加賀藩の剣術指南役に戻れるかも、という話が持ち上がり、久太郎は、愛猫「玉之氶」とともに、土佐へ向かうことになった。

意気揚々と旅に出る久太郎と玉之氶だったが、途中、物盗りの忍者と戦い、土佐行きの船に乗り遅れてしまう。慌てた久太郎は、あやしい男に土佐までの船を頼むが、実はレンタル小舟で、自力で海を渡る羽目に。嵐に遭遇し、クジラに飲み込まれ、気がつくと、ある島の海岸に漂着。

しかしそこは土佐ではなく、言葉も通じない土着の民族の住む南の島であった。

白猫「玉之氶」は”猫神様”として祀られ、久太郎は投獄される。実は、海賊が島の宝を狙って攻めてくることから守る為、”猫神様”による守護を期待していたのだった。 見知らぬ南の島で、土着の民族、海賊、そして玉之氶と久太郎のドタバタ奇譚が繰り広げられる。

白猫アナゴ(さくら)=玉之氶の可愛さと、北村一輝演ずる「怖い顔」の「朴念仁」の浪人・剣豪”まだら鬼”こと班目久太郎のカルチャーギャップを描く動物ものコメディ「猫侍」。続編として製作された「猫侍2」の両テレビシリーズのスピンオフというか、続編というのか、ともかく劇場版「猫侍」の2作目である。

ポスターには「さらばサムライ」と”最終回”のようなコピーが入っているが、ずいぶんなコメディなので、深く考えない方がよい(笑)

f:id:tsuchinoko118:20150912211620p:plain

あいかわらずの「ゆるい」ギャグ満載で、いかにも猫侍らしい作品であったが、よくよく考えると、一応「時代劇」だったはずなのだが、本作は、とてもではないが「時代劇」とは言えない”南の島”が舞台。登場するキャラクターも(最初と最後に班目一家と武家屋敷が出てくるが)、久太郎以外は、土着民族と和洋折衷の海賊だけ。

話の内容も、土着民族のアニミズム(あるいはシャーマニズムか)で、”時代劇に猫”、”猫と強面の侍”というギャップの部分は皆無であった。

この点、テレビシリーズ「猫侍」「猫侍2」と、劇場版「猫侍」の3作品と本作は決定的に異なる。筆者個人としては、時代劇のという部分は残して欲しかったが、それでも、3作品と比べると、猫そのもの=玉之氶そのものが主人公に据えられている点は評価が高い。しかしながらこのあたりは好みが分かれるところではあろう。

演出面では「いつもの時代劇の」ではないだけで、その”ゆるい”世界は健在。猫の行動のカルチャギャップ以外にも、土着民族が日本語で早口言葉を唱える(けれど、ちゃんと言えてない(笑))、忍者が分身の術を使うも玉之氶が擦り寄り一瞬でバレるなど、ニヤリと笑える演出が多数、ひとことでいえば、面白い。

北村一輝をはじめとする、いつものレギュラー陣も、しっかりハマっていたし、土着民族を演じる面々も、日本人のようであり現地の方のようであり、微妙なところが良かった。ただ Lilico演ずる女海賊だけは、非常に場違いで、色仕掛けや仰々しい演技など、ちょっと邪魔だったかな。どうせなら、蜂谷孫三郎が「名刀・小銀次」をチラつかせて海賊になっていた方が面白かったのに(笑)

 

そして最後のエンディング。大団円のそのあとは、どこかで聴いたことのあるイントロが・・・・ うわ!”黒いから”違和感なくて気がつかなかった!

松崎しげるの「愛のメモリー 猫侍バージョン」。

どこまでいっても、ふざけている”ゆるい”動物もの。楽しめました。

 


映画『猫侍 南の島へ行く』予告編 - YouTube

【PC】ACSES JDC3 SDC-VAN/NEC C&C-VAN/MEDICODE-WS / 請求データにも対応

IT雑感

f:id:tsuchinoko118:20150813073454p:plain

ジェネリック医薬品の台頭が著しい昨今。お薬を購入する方は、あまり気にしていないかも知れませんが、2015年7月に、こっそりと大きな変更がありました。

f:id:tsuchinoko118:20150813073636j:plain

これまでは 13桁のバーコード「JAN」がパッケージに印刷されていましたが、これからは 14桁+αのバーコード「GS1-RSS」が印刷されます。

この変更については、医薬品の取り違え事故防止やトレーサビリティの観点から変更ということになっていて、商品(薬)そのものを表す商品コードと、他に有効期限やロット番号(製造番号)も印刷・表示できることになっています。

しかしながら実運用の世界では、商品コードがただ、1桁増えただけ、というのが実情で、これは、医薬品の流通システムの都合、みたいなところがあります。

医薬品メーカーと卸の間では主に「JD-NET」というEDIシステムが利用され、昨年第6次システムと大きく変更されました。でも薬の流通には JANコード(または統一コード)がそのまま使われることになり、GS1-RSSへの対応はどうなるのかと言えば、検討課題とする、にとどまりました。

また、卸と医療機関・調剤薬局の間では MEDICODE(富士通FIP-VAN)、SDC-VAN、NEC C&C VANという EDIシステムが利用され、一応 14桁の商品コード( GS1-RSSとは言わないで GTIN と言います)に対応はしていますが GS1-RSSが歌う有効期限やロット番号については、従来通り、ほぼ手入力に、とどまっています。

とくにジェネリック医薬品では、厚労省の後押しもあり取引数量は増大傾向ではあるものの、逆に薬価は下がる一方で、取り扱う業者や店舗にとっては、手間は増えるばかり。大きなシステム変更は勘弁願いたいという本音があるのかも知れません。

ともかく、結果として JANコード印刷から、GS1-RSSコード印刷に変わったことで、商品コードが1桁増えただけ、というのが実情ではあります。

 

医薬品のコードは、もともと JAN、統一コード、HOT(9/13)、YJ、レセプト電算、薬価収載(厚労省)と、1つの商品を表現するのに、ものすごくたくさんのコード番号が存在します。ここに GTIN(GS1-RSS)が、さらに増えた・・・・わけです。

結果として、ただ事務手間が増えただけ、という感は否めません。

 

手間が増えるだけ・・・で、本当に手間が増えるだけでは困りますので、医薬品流通の現場では、急速に、コンピューターシステム化や、医薬品流通EDIの導入が進んでいます。これまで、紙の納品書で行っていた取引が、MEDICODE でないとダメ、これまで電話や専用ソフトで注文していたものが JD-NETでないとダメ。ここ数年で、半ば強制的ともいえる合理化の波が押し寄せています。

 

とはいえ、医薬品に関連するコンピューターシステムは、やたらめったら高額体質。おいそれと、システム導入・システム入替するわけにはいかない。難しい。という実情があります。

 

そこで登場したのが「JD-NET CONVERTER 3」。

もともとJD-NET専用だったため、名残で、こんな名前ですが(笑)

JD-NETはもとより MEDICODE,SDC-VAN,NEC C&C VAN にも対応した、医薬品卸向けの「後付け型」ファイルコンバーターシステムです。

後付けなので、今、お使いの基幹業務システムに、追加するだけで 各種VANでのデータ相互通信が可能になるという、優れもの。

社内商品コード、JAN-GTIN(GS1)の自動変換機能も標準搭載されているので、大幅に事務効率をアップします。

 

オプションで入出庫管理、自動発注システムや、薬価自動収集、多種多様なコードへの変換辞書サービス、また、間もなく登場の自動在庫管理システム WebStock など非常に多彩。ドラッグストアチェーンとの請求データなどにも柔軟に対応可能です。

通常のこういったシステムの10分の1程度の導入コストというのも大きな魅力の一つです。

 

かゆいところに手が届く。

今後もますます機能拡張し、すべての流通経路を接続できればと願っています。

f:id:tsuchinoko118:20150813080529p:plain

f:id:tsuchinoko118:20150813080706p:plain

JD-NETCONVERTER 3 についてくわしくは

石川県金沢市。中小企業向け各種業務用システム開発の(株)NJC

↑こちら 

【たくはい】ものすごく低価格で高品質な宅配ソフト

戸配宅配

f:id:tsuchinoko118:20150812051352p:plain

牛乳や弁当の宅配ソフトが出始めたのは20世紀も終わる頃だったと思う。

それまで週単位の契約で月水金に223,火木土に223という配達パターンで宅配(配達)をして、月末に請求書を手で作成していたものが状況は一変し、どこに何をいつ配達すればいいのか一目でわかるようになり、請求書もボタンひとつで(というと大げさだが)パソコンとプリンターが作成してくれるようになった。

ただ、当時のシステムの価格帯が非常に高額で、パソコンもプリンターも高額だったが、そのソフトウェアの高額さには目玉が飛び出るほどで、なかなか導入できない宅配店も多かったように思う。 当時、コンビニが出現し「宅配」のメリットが少なくなるのではないか、業界の危機だという噂が飛び交ったことも手伝い、それどころではなかったこともあるかも知れない。

時は経て、2015年になり、パソコンは当時の5分の1ほどの価格で大変良いものが入手可能で、プリンターもカラーレーザーが1万円で販売されるようになった。 が、どういうわけか、宅配ソフトは、10年前と同じ価格帯のものがほとんどだったりする。 (日本のソフトウェア業界の非常に悪い癖で、一度決めた値段は半永久的に落とさないみたいなノリがどこかしらあるようにも思う。)

このためハードウェアが5分の1になっても、システム価格はさほど変わらない。 どこにでもパソコンがある時代になっても、宅配ソフトはどこにでもあるわけではないようだ。 理由はひとえに高いから。 ある宅配店では自前でエクセルで作表し請求書としているようだ。ただ、毎月曜日や数量が変わるのでワープロのような使い方で、大半の作業は手作業になるということだった。 なぜ宅配ソフトを導入しないのかという問いには、高いから。

手作業ではものすごく大変で、こういうものこそコンピューターで合理化したいところのはずなのだが、システムが高額すぎて手をこまねいてしまうのは非常に残念なことと言える。(人件費に換算しても異常に高額なのだった)

そこで、かれこれ15年ほど宅配用のソフトを開発していつつも、さほど力を入れて販売や宣伝をしてこなかった当社も、なんとかこの状況を打開できないかと、さまざまな方向から検討し、5万円を切る売り切り型の宅配ソフトを開発した。

f:id:tsuchinoko118:20150812051703j:plain

請求書と同じ画面で商品契約や単価変更、パターン変更、休配や解約が見た目そのままで操作できて、日々必要な本数集計や、配達順路表を作成、請求書を発行し売掛管理という数百万円の(高額すぎる)ソフトと同等の機能をもたせた。

基本的な販売管理は、商品を配達して締め日に当月配達した商品x単価を計算し請求書を発行。集金して売掛管理(請求・回収)をする、というもので、一般的な管理とさほど変わらない。ところが、配達の業務が「毎週 月曜に2本、水曜に2本、金曜日に3本」とか「毎週月曜日に1本、木曜日に2本」など、”週単位”の契約であり、単価の小さい商品を大量に配達することで業務が成り立っているため、その請求業務(請求書作成)が、尋常ではないほど大変だったりする。f:id:tsuchinoko118:20150812052118j:plain1家庭おおよそ3000円ほどの売上になることが多く(100円の牛乳が30日と考えればわかりやすいかも知れない)、小さな宅配店でも、300、あるいは、500、800のご家庭に配達している。ということは、毎月300軒、500軒、800軒の請求書をつくらねばならないということであり、先の週単位の契約のこともあり、ひとつひとつ「何月何日に○○製品を何本」という”納品”データを作成して、というのがどれほど大変なのか、想像に難くない。 一般的な販売管理システムでは、基本的に、納品した時に納品書を作成し、それを締め日にまとめて請求書となる、という形態だが、宅配業務の場合、まず件数が多いため、使いものにならない。

 また、注文が例えば宅配ピザのように「あれください」「はい、わかりました」というものではなく、「毎週 火曜に○本、木曜に」という感じなので、1度注文をもらったら当面、その契約した周期で納品をする。つまるところ、あらかじめ、納品日と納品商品はわかっていて、その日に確実にお届けしなくてはならない。納品してから納品書を作成するというよりは、あらかじめ、定期的に発生する納品予定に基づいて納品書を作成してあげる必要がある。 さらに、生鮮品でもあるので、たくさんの在庫を抱えて小売りしていくといったことができず、3日ないし1週間程度の納品予定を把握し、商品仕入れを行わないと、消費期限(賞味期限)が過ぎてしまう。 卸売りのように、たくさんの商品を取り扱うけれども、まとめてドンと納品するのであれば、一般的な販売管理の世界観で管理することになるのだが、宅配・戸配の場合は、それではコンピューターでIT化する意味がない。かえって非効率になり、手書き管理と同じ世界観になってしまう。 

f:id:tsuchinoko118:20150812052154j:plain

そんな理由で、宅配・戸配の業務に従事する業者は、必ず「専用の販売管理システム」が欲しい。 週単位の配達予定(契約)を入力しておけば、自動的に、納品データが作成され、月締めの請求書が発行できる。また、配達予定から配達の予定表(順路表)を作成したり、一定期間の個数(本数)を把握、商品の仕入れなどに役立てたい。 そうしたリクエストと相談があり、宅配向けのシステムを作成したのは、およそ20年前。まだそうしたシステムが出回っていない頃であった。その後、多くのユーザー様に利用していただきながら、使い勝手をどんどん大幅に改善、メジャ^バージョンアップは4度、アップデート回数は300回を超える。NJC 健康宅配センター Ver4 は、市販価格の10分の1程度。非常に導入しやすく性能も申し分ないと好評の Ver3 をさらに強化。CTIや高度なDM機能まで対応。

サポートも遠隔リモート対応で、迅速対応。また専用請求書という考え方を廃止し汎用紙でもOKな仕様とした。もともと高額すぎるソフトウェアに、さらに、専用請求書を毎月何百何千と購入しなくてはならないというのは、さらに高額になる。初期費用はもちろん、ランニングコストも低コストで。 今風の宅配ソフトだ。 1ヶ月間は無料で全機能を試用もできる。百聞は一見にしかず。とりあえず試してみてはいかがだろうか。

戸配・宅配請求書作成 販売管理・顧客管理システム NJC 健康宅配センター Ver4

 よりダウンロード可能だ。

【さろん6】理容室や美容院の顧客管理(理美容院に効く話)

さろん6

f:id:tsuchinoko118:20150811055801p:plain

多くの理・美容院は、カルテで顧客の管理を行っている。 電子カルテなどのシステムも多数販売されているが、とくに小規模の美容院では、なかなか手が届く価格帯でもないこともあってか、実際に電子カルテのシステムを利用しているところは、わりと少ない。

また、フロント業務のシステムも、多数販売されており、こちらは、主に予約の管理などに利用できるが、こちらも高額のものが多く、利用しているところはあまりない。 

また昨今では「無料」を歌うクラウド型のシステムも台頭してきたが、ちょっとDMを出そうとすると毎月数千円(年間にすると数万円)や、高額のホームページを利用するのが条件だったりと、結局は非常に高額になることが多い。

f:id:tsuchinoko118:20150811055831j:plain

使い勝手の面においても、画像を一枚づつ選択してアップロードする、予約に担当スタッフや施術内容、施術時間を入力するなど、非常に使い勝手の面で手間がかかるものが多い。あるいは単純な記録帳になっているもの=抽出・分析・DMは出来ないようなものもよく見かける。

 膨大な数のカルテは、やはり整理したいし、キャンペーン広告・DMや、お誕生カードなど、営業・販促面でも活用したい。 よく聞く電子カルテのシステムは、まず高額。それに、したいことができるのか、あるいは、使いこなせるのか、といった不安もある。 理容院・美容院でも、悩んでいるのである。(たぶん) 最近のことなので、機械音痴だと仮に自称していたとしても、パソコンはある。インターネットも使うし、お店でつかう薬剤の発注などにも、使っていらっしゃる ようだ。

しかし、こと、顧客管理になると、エクセルの住所録か、あるいは、筆なんとかなどのハガキ印刷ソフトで、やはり住所録管理をしている程度だったり する。 たまにコンピューターショップに出かけ、ソフトを見てみるのだが、やはり大事な機能が足りない(ような気もして)なかなか手が出ないようだ。

この理由は、理・美容院の仕事の特殊性にある。 お店、で、営業をしているのだが、ものを売ってる、というよりは、人の技術を売っており、サービスを商いのメインに据えている。 また、髪を扱う特性上、何ヶ月かに1度、訪れるお客様、という「ペース」がある。このため、とにかく新規のお客様を呼び込み、売ればよい、というものでもないので、日々の売上管理は必要だが、それだけでは、あまり意味はなく、やはり、顧客情報との関連付けが欲しくなる。

f:id:tsuchinoko118:20150811055908j:plain

カルテでは、たしかに、いつおいでになったか、は、各々の顧客単位では把握できるが、時系列になると、なかなか把握できない。 ○○さんが、7月1日に来たことはわかるが、6月3日にどのお客様が来たのか、となると、よくわからない。 このことは、お店の客離れ=失客が、よくわからない、ということである。 お客様は浮気でもあるし、近所に新しい店(とくに大手・中堅)が来ると、そちらに行ってしまうかも知れない。仮に、カルテが1000枚あったとしても、現在の顧客数がそのまま1000人かというと、失客があるので、実際には、もっと少ないわけだ。 では失客は、どうやってわかるのかといえば、仮に3か月ペースでおいでになっていたお客様が、突然、来なくなった、ということでわかる。 つまり、前に来店された日から3か月経過すると、「そろそろ来そうだ」ということになり、4か月目になれば、「あれれ、おかしいな」ということになり、半年来なければ、引っ越した、他のお店にいった、などで、はじめて失客だと、わかることになる。

f:id:tsuchinoko118:20150811055942j:plain

膨大なカルテや、一般的な住所録管理、売上管理ソフトでは、この「失客」を把握することは、できない。 失客は、お店の売上に、大きな影響がある。 もし、失客があれば、お店は、なんらかの反省をしたり、なんらかの販促をしたり、と、熱心に対策を行うわけではあるが、「失客」を把握するのは、手、エクセル、ハガキ作成ソフトでは大変そうだ。 また、逆に、もし「失客」が把握できるのなら、次回の来店の予想もできる。そして、だいたいの売上平均から、売上の予測もできることになる。 さらに、新しいお客様がおいでになれば、次回もおいでになっていただきたいわけで、それも知りたい。つまり、新規のお客様が、再来店することなく「失客」になっていないか、というようなことだ。 そういう意味では、一般的に知名度のある理・美容院用のシステムは、方向性がニーズやウォンツに合っているのか、どうか、いつも気になる。 筆者が、いくつかの美容院でお話を伺っても、そういうシステムの話になると、「求めているものと違う」「したいことができない」「値段が高い」「私どもは、 髪を触るのが仕事であって、キーボードを叩くのは仕事ではない(簡潔に欲しい情報だけを入出力したい)」など、コンピューターシステムの側からすると、耳 の痛い話ばかりである。

そんな美容院の現場から、NJC Salon Manager というシステムは産まれた。実際に多くの理美容院・整体やマッサージ店様に使っていただき、ご意見を伺いながら バージョンアップを繰り返してきたところ、 7年ほど前に発売した Ver4 は ずいぶんと好評をいただき、2011年に発売した Ver5 は、さらに好評を得て、日本一人気のあるソフトになってしまった。おかげさまで感謝。そして昨年 Ver6 は、電話がなると顧客カルテが自動でポップアップする CTI 機能も標準で装備し、好評を博している。感謝。 やりたいことが出来る。 価格が安い。 シンプルで使いやすい。 「紙」のカルテを完全に電子カルテに。 パソコンになれてくると予約もパソコンで管理したい。 POSレジを自由に構築したい。 さらに分析をしたいのでエクセルに出力してほしい。 ハガキやタックシールにもっと汎用性が欲しい。 どのようなものかは http://salonmanager.jp で。 基本的な売上管理と顧客管理部分は、FREE(無料)として解放されている。 価格は、FREE版が0円(CTIなし、サポートなし:30日間)

また先日、新規性や独自性があり、とくに優秀として「プレミアム石川ブランド」というものに認定をされた。認定を記念して、どう考えてもお得な CTIアダプタのセットもご用意。この機会にぜひ。

NJC Salon Manager Ver6 CTIセット 石川ブランドバージョン

f:id:tsuchinoko118:20150811055404p:plain

【仕事】キャップレス・デシモ(万年筆)

楽しいお仕事

f:id:tsuchinoko118:20150809193816j:plain

若かりし頃、二輪車で転倒して以来、手首に力が入らず、時々、持っているものを落としてしまうことがある。昨年、自転車で転倒して右手首を骨折してからは、ボールペンを握って文字を書くことさえ、まともにできないときがある。リハビリの甲斐あって、最近は小康状態であるが、それでも筆記具を握って、紙に文字を書くことが大変だったりする。

パソコンやスマホがあり、最近では文字を書かなくても済みそうなライフスタイルも可能だが、「書く」という行為そのものが、記憶になり、思考になり、理解となり発想となるので(IT業界にありながら、いささか古い思考なのかも知れないけれど)ともかくメモを取る、紙に書いて考えることにしている。

さて、困ったのは、とくに昨年の骨折と予後で、油性ボールペンだと、そもそも筆圧がなく字が書けない、水性ゲルインクのボールペンでも30文字ほど書いたら、痛くて疲れて指さえ動かないことがあったことだ。

そこで、ほぼ「筆」な、万年筆を使うことにした。

もともと80年代女子の文具オタク出身なので(笑)高級筆記具である万年筆は好きだったのだが日常的に愛用するまでは使ったことがなかった。万年筆のよいところは、スタイリッシュだとか、雰囲気とか、その手のファッション以外に、筆圧がさほどいらないところが良いところだ。

墨と硯の「筆」と、いい勝負で、毛細管現象で書くため、紙に強く押しつける必要がない。軽く、なでるように、紙の上をすべらせるだけで、文字どおり「さらさら」と書けるのだ。

ただし、万年筆は、インクが乾かないように、くるくる回すキャップがあり・・・・あれが、面倒くさい面がある。(もちろん、さあ書くぞみたいなときはいいのだろうけれど、日常使いで骨折した腕でキャップを強くつまんで回すのは、とても大変なのだ)

そこで「キャップレス」=ノック式の万年筆を使うことにした。

細身で持ちやすいパイロットの「デシモ」。

f:id:tsuchinoko118:20150809193851j:plain

普段は、こんな感じで、ペン先が収納され(隠れて)見えない。これでペン先のインクが乾くのを防いでいる。

f:id:tsuchinoko118:20150809193906j:plain

背中のノック式ボールペンのようなボタン。これを押すと(指で押さなくても、机に押し付けても(笑))・・・・

f:id:tsuchinoko118:20150809193947j:plain

ペン先が出てきて、すぐに万年筆として使うことができる。

・・・という優れもの。

その機構から、最初は「インクが乾くんじゃないか」「漏れるんじゃないか」などなど、非常に多くの心配をしたが、その機構は伊達ではなく、骨折が一応完治した今でも愛用しているくらいに実用的なのだった。

f:id:tsuchinoko118:20150809194246j:plain

インクは、カートリッジ式(使い捨て)も使えるが、筆者はCON-50 のコンバーターを愛用している。万年筆用のインクにコンバーターのついたペン先ごと浸けて、くりくりっと回すとインクが吸い上がる=補給される。なんどか繰り返すと、ペン先のゴミの掃除にもなったりするので、手入れが楽だということもある。

一度補充すると、朝から晩まで書いていれば2日ほどでなくなるようだが、筆者の使い方だと、2〜3週間は持つ。

ボールペンに比べ、高額だし、また、手入れも面倒・・・ではあるが、さらさらっとした書き味、筆圧不要で、手が疲れない。何にも変えがたいメリットだ。

f:id:tsuchinoko118:20150809194444j:plain

使うとすぐ気づくが、もうひとつ、面倒くさいことがある。

写真は筆者のノート(システム手帳)。左にピンクのインデックスシートのようなものがあるが、これは、吸取り紙(笑)

そう。万年筆のインクは水性なので、乾くまでに触ると・・・・

ティッシュでもいいが、ともかく、書いた後、しばらくおいて乾くまで待つか、または吸取り紙などで余分なインクを吸い取らないと、無残なことになってしまうのだった。

当然ながら、裏写りもある。

よく売られているシステム手帳の紙だと、薄いこともあり、すぐに裏まで写ってしまう。

また万年筆のペン先が引っかかるものもあったりする。

筆者は、エトランジェ ディ コスタリカの方眼を使っている。これがなんと、万年筆と相性がよいようで、書き味もなめらか、裏写りもなく、乾くのも早い。

で、ピンクの吸取り紙。

当然ながら、書いたあとのメモは、くっきり真っ黒で非常に見やすく、また、下敷きがあってもなくても、次ページに書いたあとが残るというようなことがない。また手も全然疲れない。思考に専念できるのだった。

 

書かなくても済むスマホ、書かなくても済むパソコン。便利な道具はあれど、書くということはとても大事。書かないと「薔薇」とか書けなくなっちゃう(笑)のはもちろん、考えること、そのものの能力が低下してしまいそう。いやほんと。IT業界に臨在し、本当にそう思います。

筆者が愛用しているキャップレス・デシモ万年筆(パイロット)は、こちらから。

www.pilot.co.jp

同じく筆者が愛用しているシステム手帳用の用紙、エトランジェコスタリカ方眼はこちらから。

www.amazon.co.jp

さらにシステム手帳用のライフ吸取紙は、こちら。

item.rakuten.co.jp

 

ついでに、骨折した時の・・・・(笑)

f:id:tsuchinoko118:20150809204548j:plain

f:id:tsuchinoko118:20150809204553j:plain

 (苦痛に耐えながら脂汗をかいてボールペンで筆記(笑))

 

万年筆で(意外に効率よく)楽しく仕事してみませんか?