読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【音楽】子供達を責めないで

伊武雅之という下積み中の俳優さんが、宇宙戦艦ヤマトデスラー総統で渋く深みのある声をやって後に、伊武雅刀さんになって(時系列の記憶が少々あやしいが)、イエロー・マジック・オーケストラの増殖・マルチプライスが発表されたころ、深夜ラジオ番組のスネークマンショーで活躍、収録されたと思ったら、80年代に入って何でもありの時代に突如としてミュージシャンとしての活動を始める。

スネークマンショーが放送禁止コードギリギリで遊んでいらした、そのまんまののりで、アルファレコードから「飯場の恋の物語」という同性愛について歌い、発売当日に発禁・回収の憂き目にあう。

次に発表したのが「子供達を責めないで」。サミー・デイビスJrの原曲をカラオケにして歌ではなく演説をしたもの。歌詞の内容は、原曲の意図するところとは逆に子供が嫌いだとだんだん激高していく。80年代はともかく変なものでも大ヒットという妙な時代だったので、この演説がウケて、ヒット。テレビ放送でも、テクノカット伊武雅刀が暴れていた記憶がある。

その後、スネークマンショーを発表し、ひっそりと、あるいは調子に乗って Mon-Jah (もんじゃ焼き?)というアルバムを発表。「なんかちょうだい」という珍妙な曲のPVが強烈な印象を残す。正直いって、もう何がやりたいのかさっぱりわからなかったが、90年代に入って、この珍妙な活動は沈静化。

俳優としての地位を確立していく。

今となっては、伊武雅刀=キワモノという印象はなく、デスラー総統の声あるいは俳優さんのイメージしかない。あの80年あたりの常軌を逸していた姿は想像もつかないが、当時は非常に不思議な時代。バブルに酔って、みな、狂っていたのである。


伊武雅刀 - 子供達を責めないで - YouTube