読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【PC】BSDとは?

IT雑感

f:id:tsuchinoko118:20140906171313p:plain

とくに経営者のみなさま。従業員の心をご存じですか?

スタッフたるもの、こうあるべきだ、という訓示はあるかも知れません。

毎朝みんなで声を合わせて読む指標もあるかも知れません。

当社のスタッフは、こう考えるべきだ、という「べきだ論」も用意されているかも知れません。

筆者もそうですが(笑)「こうしろ」「こうすべきだ」と言われてすることは心が伴いません。従業員のみなさまもそうではないでしょうか。

企業経営において(資本主義社会である以上)、実績、売上を出していかねば成り立ちませんが、その中で大切なことは何でしょうか。と尋ねられたら、何と答えますか?

製品の品質(商品の品質)、価格、納期、広告・宣伝、店構え(社屋)、いろいろあると思いますが、「人」はいかがでしょうか。大切ではないですか?

よい従業員もいれば、わるい従業員もいることでしょう。

ここは良いのだけど、ここが悪い、あるいはここを伸ばせば、もっとよくなるんだけど。こういった「人」の部分は、いかがでしょうか?

大切ではないでしょうか?

f:id:tsuchinoko118:20140906171325p:plain

だから従業員に対して、叱咤激励したり指導をしたりするのではないですか?

なんとか「心」を変えてもらいたくて。

その熱い思いは届いていますか?

筆者もそうですが(笑)、どれほど熱く長時間語られても、なかなか心は届かないものです。言葉という字面で理解できても、心は頑ななもので、かんたんには変わりません。

従業員ひとりひとり自身が、自分の心を見て知って、そして自分の意識で変わろう、変えていこうと思わないことには、経営者さまの苦労も気遣いも、どれもこれもが、のれんに腕押し、ぬかに釘、時間も労力もムダに・・・

効果のある「人材育成・人材教育」というのは、なかなか難しいもので、それでいて企業経営に欠かせないものの一つです。

企業は人なり。

では、具体的にどうやって人材育成・人材教育を行うと効果的なのでしょうか。

資金繰りも難問ですが、これも、ものすごい難問ですね。

そこでお役に立つもののひとつがBSDです。

BSDとは何でしょうか。

なんでしょうか。

どんなものでしょうか。

このようなものです。