読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【映画】シャーロック・ホームズ

ガイ・リッチーといえば「スナッチ」でマドンナと結婚した人、ということくらいしかよくわからないが、ロバート・ダウニー・Jrといえば、「レス・ザン・ゼロ」でラリっていく青年で好演し強い印象を残したあと実生活でも同様になってしまい暫く見ないと思っていたら、「ゾディアック」で真犯人を追いながらラリっていく中年男性を好演し、すっかりラリっていく渋い俳優といったら、誰をおいてもまずロバード・ダウニー・Jr。退廃といえばロバート・ダウニー・Jrと思い込んでいたところに、突如として「アイアンマン」で急にヒーローになってしまい・・・と、結構なおつきあいになり楽しませていただいている。
その「アイアンマン」が今度は名探偵ホームズを演じるという。
製作にジョエル・シルバーの名があり、まさか体力で事件を解決するだろうかと思っていたら、まさしく爆薬アクションの連続なシャーロック・ホームズだったりして、非常に驚いた。
もちろん、名探偵ホームズは、バリツ(というなぞの格闘技)の名手で、体力的にも申し分ないのだろうが、はたしてここまで”いかにもシルバーピクチャーズ”なホームズは、いかがなものか。

とはいいつつも、最初から最後まで飽きずに見ることができて、かつ、その後なんども見ているので、筆者のオールタイムな1本であることには間違いない。

アイアンマンのキャスティングのときもそうだったが、本作でも、やはり「ロバート・ダウニー・Jrでは主人公が年を取り過ぎている」と言われたそうな。しかし、どうだろう。ラリっていく退廃的なおじさんのはずのダウニーの活気あふれる演技は、”見た目の年齢”などどうでもいいかのようだ。
ずいぶんと年の離れたワトソン君=ジュード・ロウと織りなす親友劇は、いささかも首をひねることなく、まさしく名コンビだ。人気キャラのアドラーや最凶の敵、ジェームズ・モリアーティ教授もこっそり出てたりして物語りの奥行きを感じさせる。

最初から最後まで爆破しまくりのアクション活劇ではあるが、オカルト殺人を名推理で科学的に立証し犯人を追い詰めるラストは、間違いなく推理もので紛れもなくシャーロック・ホームズである。(と、いうと原作ファンには怒られるのかも知れないが。すみません)

本作で登場する犯人のブラックウッド卿は原作には登場しない。演じるは、重厚な悪役でおなじみのマーク・ストロング。さまざまな俳優が演じる演技合戦もかなりおもしろい。必見。

とりあえず(原作の)シャーロック・ホームズは忘れましょう。