読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【PC】東プレ REALFORCE108UBK-JS ZH0100 復刻モデル 一太郎/ATOK優待

昨年の暮れあたりに JUSTSYSTEM から ATOK2013 が発売されるので予約してくださいと DMが届き、即座に予約した。Windows 8 の正式IMEに対応したことと、ここ最近 Visual Studio 2012 で使っていると突如ガベージコレクションのような動作がはじまり、5分ほど帰ってこないときが稀にあり 最新版では治っているかなと期待してのことである・・・という口実で、毎回毎回購入しているので惰性で購入したのもあるかも知れない。そのときに、たぶん、オススメ商品として画面に表示されていたのを何の気なしにクリックしたのだろう、東プレ REALFORCE108UBK-JS ZH0100 復刻モデル 一太郎/ATOK優待という非常に長い名前のキーボードも一緒に購入していたみたいで(自覚がまるでない)、今日 ATOK と一緒に届いた。

東プレといえば自動車プレス部品や空調システムなどの企業だが、静電容量無接点方式のキーボードメーカーとしても名高い。リアルフォースというブランド名だ。その JUSTSYSTEMモデルで、REALFORCEの銘板に一緒に JUSTSYSTEMと書いてある。赤いESCキー(漢字かなキーではなく)が、JUSTSYSTEMのコーポレートカラーというか一太郎 ATOKのイメージカラーというのか、ワンポイントになっている。

筆者は東プレのキーボードは初めてで、今、さっそく接続し打鍵しているのだが、このリズム感の良い打鍵感は何なんだろう。愛用していたのは、Cherryの茶軸(メカニカル)だが、このようなクッションというか反発というか、適度な重さがありつつも軽いキーボードは初めてだ。
一太郎ATOKの優待価格ということで 2万円ちょいだったのだが、高いのかと聞かれると、おそらく安いのだろう。金額だけ見るというような無粋な真似をすればキーボードなんか数百円からあるわけで、その数十倍も高額なキーボードは確かに高額だ。
しかし毎日毎日使う(とくにプログラミングなど)となると、数百円のメンブレンではとてもじゃないが疲れてどうしようもない(長時間使用に向かない)ので、ボールペンに対する万年筆のイメージで、”高級鍵盤”を使うと、これがもうなんというか高速打鍵でビクともしないし疲れない。仕事の効率もあがるし、疲労も抑えられるとなれば、内容からして決して高い買い物ではない。

メカニカルにしても、今回のこの東プレにしても、なにしろ、近所の家電店でたくさん売ってるとかいうものでもなく、結局は打鍵感(叩いてみないと解らない)ので、通販の写真だけ見ても全然わからない。なかなか購入に至る機会がないままであった。ほとんど勘違いか事故のような今回のような購入方法でなければなかなか買えない。ケガの功名というかなんというか。

と、消極的なことばかり言ってますが、このキーボードかなり良いです。
茶軸よりお気に入りになってしまいそう。