読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【どろいど】nexus7 と Android4.2 と Kindle

f:id:tsuchinoko118:20121116142524j:image:left:w240最近「これはかなり使える」と筆者は大はしゃぎ状態の nexus7 がピコポンと音を立てて呼ぶので見てみると Android 4.2 にアップデートするから再起動してくれと言う。このあたり iPhone に比べて何でもかんでも裏で勝手に無線でやってくれるのは、セキュリティ上問題があるのかも知れないが大変ありがたい。4.2 になって何が変わったのかというと、(1)時間表示の時間が太くなった(笑) (2)マルチユーザー対応になった(使わないけど) (3) 通知領域+クイック設定になった (4) スクリーンセーバー対応になった(使わないけど) などなど。

あくまでも「ケータイ電話」のスタンスを崩さず、電源OFFをしようとすると「電話を切る」みたいな言い回しのダイアログが出ていた nexus7 だが、ここに来て「パソコン」のような仕様にということなのか個人所有品の扱いだったデバイスに複数ユーザーという概念が放り込まれたようだ。

f:id:tsuchinoko118:20121116142552j:image:right:w240もっとも便利になったと直感的にわかるのは (3) の通知領域+クイック設定。

以前までは、画面上部をフリックすると「通知」がにょきっと出てきて、一応「設定」ボタンがあるというものだったが、画面上部の中央~左をフリックで「通知」。右フリックで「クイック設定」という2つの機能に分割された。

nexus7 は なにしろ電池で動くデバイスなもので、画面の明るさや Wifiのオンオフなどを、けっこう頻繁に行ったりする筆者であったが、その都度「設定」画面から設定を触るというのは、ちょっとわずらわしいと思ったりして、ホーム画面上にウィジェットを置いてたりする。
しかしどうもスッキリしない。
クイック設定では、Android 4.0 に逆戻りしたかのような 機内モードや電池残量表示に加え、明るさなどをささっと触ることができるようだ。ホーム画面上のウィジェットに比べて操作数が多くなってしまうが、しばらく使ってみよう。実は nexus 7 = Android 4.1 で、ここをフリックして、あれれ?機内モードとかがない、と寂しく思っていたので(笑)

f:id:tsuchinoko118:20121116142611j:image:left:w240さわったついでに Amazonから Kindle も放り込んでみた。
実は筆者は nexus 7 を購入する直前まで、 nexus にするか kindle にするか非常に悩んでいたクチである。 こうしたモバイルユースのタブレットで、電子書籍だけってな使い方はしないのだが、非常に気になっていた。結局 nexus 7 で大満足なのだが、kindle のアプリが出てたので、さっそくインストール。ためしに書籍を購入してみた。

感想は、非常に買いやすく手軽だが、電子書籍アプリとしては、おそろしく貧弱。
大きな文字と小さな文字の間の大きさが欲しいし、明朝風のフォントはきれいだが、電子ブックでは読みにくくて仕方がない。しおり(ブックマーク)も意図した時しかセットできず、うっかり「注解」をクリックしてジャンプしてしまったら元に戻るのに一苦労。
もうちょっと何とかしてくれないと、読みにくくて仕方がない。
また、今後はコンテンツも増えていくのだろうけど、とにかく読みたいものが少なく、何万冊だと宣伝したところで、現時点では、流通する紙の本、廃盤になった紙の本、図書館にねむってる紙の本に比べれば少なすぎる。テレビ番組のやってない有料衛星放送みたいだ。

f:id:tsuchinoko118:20121116142626j:image:right:w240はたして、アプリもイマイチ。蔵書数もイマイチ。実用できるには、まだまだ何年もかかるかな。
せめて「できる!」シリーズ全部が、いつでもあるようにならないと・・・

とぶつくさいいながら読んでる本は「1984」。10年ほど前に読んだのと翻訳が違うかも知れない。ヴィクトリージンなんて言わなかったような。勝利ジンだったような。漢字の方が、おどろおどろしくてしっくりするような気も・・・・「氷点」が欲しかったのだがなかった。

文庫本の重量と比べると nexus の方が重いけど nexus の他に文庫本を持ち歩くと想定すると、そっちの方が嵩張るので、この方が結果的には軽いのだろう(笑)
まだまだハマり続ける nexus 7であった(笑)