読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ The Tsuchinoko News 2 (つちのこ通信2) ★

重要な話から、どうでもいいことまで。ほとんど役に立たないことを書き連ねています。

【あいほん】CalenGoo(同期スケジューラー)

IOT奮戦記

f:id:tsuchinoko118:20111211055739j:image:left
f:id:tsuchinoko118:20111211055737j:image:left:w220クラウド・コンピューティングという”用語”のようなサービス名を提唱したのは、かのGoogleである。ただし、このサービスはGoogleが開発したものではなく、昔からあったものだ。「Gmail」「Google Doc」「Google Calender」などは代表的なクラウド・コンピューティングのサービスであろう。

筆者は、クラウド・コンピューティングには懐疑的だが、「Google Calender」だけは頻繁に利用している。どこでも照会できるスケジューラーは便利だ。筆者は記憶力があまりないので、スケジューラーがないと予定のダブルブッキングや、忘却の彼方へ失念することも非常に多い(笑)スケジューラーが手放せないのだ。

しかし、ネット上のカレンダーは iPhone という小さなデバイスだと非常に見づらく使いにくい。そこで役立つのが、Google カレンダーと同期する「カレンダーソフト」だ。

f:id:tsuchinoko118:20111211055734j:image:right:w160
f:id:tsuchinoko118:20111211055735j:image:right:w160
f:id:tsuchinoko118:20111211055736j:image:right:w160
iPhone 3G時代には、そのようなものがなく、iPhone標準搭載のカレンダーに nuevasync というサービスを利用していたが、iPhone標準搭載カレンダーのスケジュール機能が利便性がなかったため、けっこう苦痛で、結局システム手帳と Google Calenderを併記・併用するという事態が続いていたりした。

そんなとき登場したのが「さいすけ」「CalenGoo」という同期カレンダーで、Google Calender の UIなどに似ていて、かなり使いやすいスケジューラーであった。「さいすけ」の人気の方が高かったようだが、筆者は、”フリック操作”と、”表示色などの環境設定”で「CalenGoo」を使っていた。ところが、動作が遅い(笑)ので Snap Cal という後発の無料のものを代用として使い始め、長い間そのままだった。

f:id:tsuchinoko118:20111211055738j:image:right:w100
しかし iPhone4 iOS5の頃から、この SnapCalの挙動がおかしい。

フリーズする(致命的だ!)
グーグルカレンダーと同期すると必ずフリーズ!(どうするんだ、これ!)

状態で、やはり無料のせいか改善されない期間が長く続いた。

そこで、およそ1年ぶりに「Calen Goo」に戻すと、これが iPhone4 のハードウェアの威力か、サクサク動く。不満がない。もっとも動作の遅かった、フリック操作がスムースだ。

あいかわらず サポート言語が「英語のみ」だが、直感的な UI は、たぶん誰も困らないだろう(笑)

やはり「有料」ソフトだな。。。。。

そのように思う昨今である。

ところで、非成熟期にはクラウドなスケジューラーは大変重宝するが、成熟してくると、クラウドである必要性がなく、むしろクラウドはユーザーの利便性というよりはアプリの販売が楽だということに尽きると実感する昨今でもある。